じゃり道工房トップ 木彫 志田哲夫 友禅 志田弘子 漆(沈金) 上野明弘 漆(沈金) 上野真樹子 手織 志田千尋 友禅絵詞 きっと、きっと 自己紹介 工房日記 家族展について じゃり道工房トップ
Text Size : A A A

良寛さん 2

Img_73fa1a976a1169f8f6525a929010e2d1
日差しを浴びて
うらうらと日差しの中でほほ笑んでいる良寛和尚、寄りかかっている杖は、作り中
すこし 大き目に作りました

雷童

Img_72162aa3281b40a345cce896d623f58d
Img_b3746cd229400bf56b7b0f372aa9d770
雷童子が 空を駆けます

西行法師

Img_0276570c3ba04c67c7d770a0639a5407
行き暮れて・・・

春雷

Img_20f640f566b8393ef4f6ee28daea3476
春雷
Img_f6e7e542f253f044a22e2b322555d98e
春雷
若い日を振り返りつつ、様々な思いを込めて、
雷の童子を彫りました

春雷と名づけました

小さな妙音菩薩

Img_f59d459ead2d74d98765576bae9dc595
妙音菩薩 像高20センチ
Img_f3d688281e89b3adbb3e46658b92b51b
お顔幅 2,5センチ
能登地震の折、お顔と腕をなくされた小さな菩薩様、修理を頼まれました。丸太相手の大雑把な仕事ばかりの私にできるか不安でしたがこれも他生の縁?外形だけはどうにかなったかな・・少し腰を落とした敬謙さを感じさせるお姿に、元の作者の気持ちを感じます。

明王

Img_bd0cf1132a96d75f47eb73ded1d1652a
Img_bb829f71517846274222d26b7195b068
明王(みょうおう)

最近、 
怒りを覚えることが、増えた気がする。
その感情は,
慈悲の心から発したものでありたい。

だるま

Img_d06de9e3a8ef139bd849adab76d8ae17

●”鏡花利生記”(きょうかりしょうき)

Img_65d840474895d53b08d866d2c97abd1e
文庫本表紙 外観 
Img_c0a4bb1e11aee49b5aa44e81d6177310
最終ページ  関東大震災 挿絵
Img_889204ac342b1c22a5c6216271ac20c4
天罰 挿絵
教員になった最初の学校の教え子たちとは 若かったこともあって
魚釣りをしたり、舟を作ったり、庭でバイクにのったり・・といっぱい楽しんだ思い出が多いです.
そのうちのひとり出崎 哲弥さんから、書き溜めたエッセイの挿絵の依頼を受けたのが昨年のことでした。

内容は・・・幻想、怪異の作家として知られる泉鏡花が、
関東大震災を体験して大きく変化した様をたどる31編のエッセイです。

3・11を体験したものとして書かずにはいられなかった・・という彼の言葉・・
先の見えない中、何か出来ることを・・と 
取り組んでいる姿勢を応援したく、
久しぶりに鉛筆をとりました

Img_a0b4e553c16e648881883df1bba1996e
良寛さん
Img_9919b2da95fbb5677a6e2f7df5c2c8cc
青頸観音(しょうきょうかんのん)
世にある毒を我が身に引き受け  首を青く染めて人々を救ってくれる観音様があると・・・
今の日本の状態に どこかに現れて欲しい願いを込めて彫ったものです

●善財童子

Img_8307f0a1ca865f5495d4f078bac6bb51
全光でも立体的に見えんとなあー
Img_e5d3a5841880fb18341e7db851c6071f
もう一段彫り込まんとシャープな少年にならんね

●風神降下

Img_7a21955cbfd7add85ff14de9a930d534
高さは1メートル50センチ、 原木の形の中から 降りてくる風神の形が生まれました。

●猿田彦

Img_a29a73dbfc850627a73c3630e6fb2d69
能登地方の祭礼によく登場する猿田彦の面ですが、もう中年になった教え子たちからのうれしい依頼です。力感を出すことと実使用の為には軽量化を心がけました。漆ぬりは娘(真樹子)に頼み、父娘合作ができました。
Img_19634737864368842d0d9f0003f634c7
雷小僧
孫のしぐさのおもしろさ、しゃがみこむ様子のかわいさから 雲を背負った雷小僧が生まれました

●仰平、天神

Img_0dfacb9437917db79baaea332b0c9002
孫 こうへいに
初めての孫、仰平(こうへい)は かわいくてかわいくて 目の中に入れても痛くないとはこのこと・・と実感するほどのジジバカになっています
寝顔を 天神像に見立てて


無明をゆく

●哲夫 木彫

Img_50bd7b7fe7727764688149ffd7d43cf5
雷神
老若 善悪 賢愚 一切無視 の雷神

作っている最中は苦労しましたが、ゴツゴツとしていて自然に木が変形したような、元の木に合った仕上がりになりました。

●無明をゆく

Img_8971d2c2a64c8fecba0384d0b2fd53d2
ひたすらに
光を求めて目を凝らす人ほど 闇の深さをみつけるのだろうか